ウイスキー文化研究所 土屋 守さん

ウイスキー評論の第一人者が
選りすぐる世界の「ひと樽」

By Emotion

2021.12.16

 

 

日本におけるウイスキーの第一人者である土屋 守さん。

 

 

2000年代以降ハイボールの登場や低糖質などの健康志向も相まって、ウイスキーは近年ますます注目されています。

 

 

そんなウイスキー業界で絶大な信頼を得ている方が、ウイスキー評論家でありウイスキー文化研究所代表の土屋さんです。

 

 

ウイスキーに出会う以前は、フォトジャーナリストや、新潮社「フォーカス」の編集者として活躍した後、1988年に渡英。日本語月刊情報誌「ジャーニー」の編集長を務めた際、取材で訪れたスコットランドではじめてシングルモルトと出会ったことからスコッチにのめり込んだといいます。

 

 

1993年に帰国した後、5年間の英国生活の経験を生かし、主にスコッチウイスキー、紅茶、ナショナルトラスト等の英国のライフスタイルを紹介する著書を多数発表。

 

 

なかでもウイスキーの造詣の深さは世界からも認められており、1998年にはハイランド・ディスティラーズ社より「世界のウイスキーライター5人」の一人として選ばれるほど。

 

 

さらに、ジャパニーズウイスキーが脚光を浴びるきっかけとなった、2014年放送のNHK朝の連続テレビ小説「マッサン」では、ウイスキー考証として監修も務めた土屋さん。

 

 

現在では、専門雑誌「ウイスキー通信」の編集長を務めるなど、自らが代表を務める会員制のウイスキー愛好家団体「ウイスキー文化研究所」にて、ウイスキーやその文化の普及のため、様々な活動をしています。

 

 

 By Emotionでは、そんな土屋さんが各蒸溜所の樽から厳選したとっておきの一本をご紹介しています。