素茶箱

プラスチックから木の箱へ
お茶にとどまらない多様な用途

家の中を見渡すと、様々なプラスチックケースが目に入ります。そんなプラスチックケースの代わりとなるものとして「茶箱」があります。

 

 

「茶箱」という言葉には馴染みがない一方で、「お茶を入れる箱」と連想しやすく、「お茶は茶筒に入れて仕舞っているので箱まではいらないな」と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

実は茶箱は、防湿、防虫、防酸化に優れているため、お茶のみならず、日常で利用、保管する様々なものを格納するケースとしても利用でき、かつ、木の温もりを感じることのできる有能な手作りの箱で、きちんと作られた茶箱の耐用年数は100年を超えると言われております。

 

 

Photo: Hitomi Sato

 

 

さらに、1K、1KS、NORI-S、NORI-Mの4種類の天板には、レーザーでオリジナルの柄を刻印することができます。

 

 

Photo: Hitomi Sato


 

例えば、こんな箱はいかがでしょうか。

  • 生年月日、体重、身長、名前などを入れて、母子手帳など大切なものを入れる箱
  •  建築家からの施工主へ。設計書類を贈呈する際に使う箱
  •  子供や孫の絵を焼き付けた思い出の箱

 

 

黒白のはっきりした文字やイラストであればどんなものでも刻印可能です。
(グレートーンは出しにくい、木目によってイメージが変わるなど、ご了承ください)。

 

 

レーザー加工費は箱代とは別にデザインによって数千円~1万円程度で可能ですので、まずはお問い合わせよりご相談ください。お見積もりさせていただきます。

 

 

 

茶箱への格納例

  •  お米(NORI-Mは5kg、5Kは10kgの米櫃として利用できます。)、パスタ、コーヒー豆、ペットのエサなどの食品。長く鮮度を保ちます。
  •  書類、写真、カセットテープやLP。また、 衣類、シーツ、枕カバー、パジャマなど寝具のストック。虫くい、カビ、色あせを防ぎます。
  •  子供のおもちゃやおむつ入れ。散らかりがちなものをまとめてストックできます。
  •  防災グッズ、お水のペットボトル入れなど非常時手近に欲しいもの。玄関先においても綺麗に見えます。
  •  洗面所のタオルやトイレットロール。湿気から守り、棚ではなく足元におくことで取り出しやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

環境と人に優しい茶箱

茶箱を作るのは静岡県川根の前田工房です。衰退の一途を辿っていた茶箱文化を残そうと、30代、40代の職人が中心となり、廃業を考えていた茶箱の熟練職人から事業継承して茶箱を手作りしています。

 

 

どのサイズの茶箱も、蓋と「桟(さん)」の高さが箱全体の高さの中でバランスが良いようにデザインされており、箱の素材自体にもしっかりこだわりが込められています。

 

 

茶箱は文化。そして文化を残すためには、地元にお金が落ち、地元が元気になることが基本との考えから、地元川根に工場を持ち、地元の山から切り出す杉の間伐材を利用しています。前田工房の使う杉は概ね樹齢30年以上です。杉は香りが薄いため匂い移りもしにくく、防カビ効果があります。また、樹液も出にくく、加工しやすいために繊細な茶葉を保管する茶箱の材料として利用されるようになりました。

 

 

この杉の木を茶箱のパーツに切り分けていくのですが、この作業が簡単ではありません。木目、木の癖を見ながら、茶箱のパーツをイメージして切り出す必要があり、その見る目を培うのに10年ほどかかると言われています。

 

 

Photo: Hitomi Sato

 

 

箱の内側には防湿、防臭、防酸化効果の秘訣であるトタンが張り込まれており、鉛を含まないハンダを利用して接合されています。実用性を追求した日本にしかない工夫です。

 

 

また、木板の合わせ目や箱とトタンの境目を保護するため、要所に和紙を巻く「目貼り」を施します。和紙で箱の強度が増すのです。和紙は繊維の細かいものを利用しており、糊は「スズメがついばむ」米粉でんぷんで作っています。

 

 

目張り

 

 

茶箱のお手入れ方法

お手入れの際、外側の木はなるべく水にぬらさず、乾拭きまたは固く絞った布巾をお使いください。和紙は自然由来の環境に優しい米粉でんぷん糊で貼っているため、水で剝がれやすくなっておりますので取扱いにはご注意ください。

 

 

トタンや木の破損は程度によって補修可能ですので、ご希望の際はお問い合わせください。

 

 

Behind the Scenes <前田工房・インテリア茶箱クラブ>

茶箱文化を世界に!衰退の危機から新たな可能性へ

現代ではすっかり見かける機会の減った「茶箱」。 子どものころ、押入れの中に大きな木箱がしまわれていたという記憶のある方もいらっしゃるのでは...

Read story 

 

 

Photo : Hitomi Sato
Photo: Hitomi Sato
NORI-S
NORI-M
1K
1KS
5K
5KS
30K
30K
30KS
60K
60KS
60K
レーザー加工例(NORI-S)
素茶箱
Photo : Hitomi Sato
Photo: Hitomi Sato
NORI-S
NORI-M
1K
1KS
5K
5KS
30K
30K
30KS
60K
60KS
60K
レーザー加工例(NORI-S)
通常販売価格
¥6,600 (税込、配送料無料)

お問い合わせ

「もう少し詳しく知りたい」「実物を見たい」など、お問い合わせはメッセージ・メール・テレビ電話ほかで対応させていただきます。お気軽にLINEもしくは以下の問い合わせフォームよりご連絡ください。

配送・商品詳細

制作者前田工房
商品名素茶箱
素材国産杉、トタン、和紙、米粉でんぷん糊
箱サイズ以下に記載
納期在庫がある場合は、ご注文後10営業日以内に発送させていただきます。
在庫がない場合は半年ほどお時間を頂くことがございます。
※1K/1KS/5K/5KS/NORI-S/NORI-Mは基本的に在庫がございますが、30K/30KS/60K/60KSは在庫がない場合がございます。納期が気になる方はまずはお問い合わせください。
配送料以下の通り。ただし、50,000円以上(税込)の場合は国内送料は無料です。
1K、1KS、5K、5KS、NORI-S、NORI-M:全国一律 1,400円(税込)
30KS、60KS:全国一律 2,500円(税込)
30K:全国一律 2,800円(税込)
60K:全国一律 3,000円(税込)

 

サイズ

箱種類箱サイズ(外)(cm)箱サイズ(内)(cm)
1K24x17x1619×12.5×14
1KS24x17x1219×12.5×10
5K34x24x2530x19x22
5KS34x24x1530x19x12
30K59x40x4754×34.5×43
30KS59x40x2554×34.5×22
60K91x46x5285x40x48
60KS91x46x3185x40x28
NORI-S27x24x11.523x20x9
NORI-M27x24x1723x20x14.5

ご購入の際の注意点

  • この商品は株式会社SoGooが販売、株式会社前田工房より発送します。
  • ご注文のキャンセル、内容変更(追加/変更)は一切お受け致しかねます。ご注文完了前にご注文内容を必ずご確認ください。
  • 商品の品質については万全を期しておりますが、万一、配送中の事故等で商品に損傷があった場合や、お申込みの商品と異なっていた場合は、お手数ですが、商品到着後5日以内に弊社にご連絡ください。この場合の返送料は、弊社が負担致します。
  • 商品写真は実際の色・質感をできる限り再現することができるように心がけておりますが、色、質感などがイメージとは違うといった理由による返品、交換、変更など、ご注文後のキャンセルは一切お受け致しかねますので、あらかじめご了承くださいますようお願い致します。