井原水産

黒いカズノコを黄色いダイヤへ
食感を届けるあくなき挑戦

 Yutaka Futaba

「数の子ってなんで数の子というかわかる?」

 

「ヤマニの数の子」を製造・販売する井原水産の井原 慶児さんに聞かれてドキッとした。 

 

卵の数が多いから数の子というイメージがある。だがニシンの卵である数の子、そのニシンのことを以前「カド」と言ったことから、「カドの子」が訛って「数の子」となったそうである。

 

「じゃあ、数の子ってなんで子孫繁栄といわれるかわかる?」

 

またもやにドキッとした。「ニシン(二親)の健在を祝い、子宝と子孫繁栄を祈る」として、正月のおせち料理には欠かせない食材であるが、それこそ、卵の数が多いからではないかと。

 

「カナダで仕事をしているときに、『黒潮の涯(はて)に』という本の著者でカナダで最初に数の子を作った林林太郎さんに会いに行き、私も同じ答えをしたんですよ。でも林さんはそうではないと。『親が死んでも子は育つ。だから子孫繁栄なんだ』と教えられました」

 

と井原さんは懐かしそうに語った。実は、ニシンは獲った後も腹の中で卵が育つのである。そして、このことは井原水産の過去の窮地を救った一因であった。

 

カナダのニシン漁船 

 

陸送している間にパリパリの数の子へ

井原水産は井原慶児さんの父親の井原長治さんが昭和29年に創業した。もともと北海道の留萌(るもい)役所の市場に会計として出向する中で、留萌で獲れるニシンで皆が儲けていることをみて、自分もと思い立って独立したそうである。しかし、自然は予測できないものである。この昭和294月を境に留萌でニシンは獲れなくなった。

 

根室や厚岸ではニシンが獲れていたので、そこから運ぶのだが、当時は貨物列車で4日かかった。当然ニシンの鮮度が落ちるため、以前から数の子を取り扱っていた会社が参画することはなかった。

 

しかし、事業を始めたばかりの長治さんは、なんとしても売るものが欲しく、輸送された数の子を扱うことに。

 

鮮度が落ちると思われた長治さんの数の子は、逆に輸送の間に育ってパリパリになり、質のよい成子(セイコ)になる確率が高かった。その結果、購入手数料や輸送費用を補って余りある売り上げにつながったそうである。

 

長治さんは卵が育つことは知らなかったので、これが経営者としての運の良さだったと慶児さんは振り返る。

 

黒いカズノコを黄色いダイヤへ

ところで、数の子といえば黄色のもの思い浮かべるのではないだろうか。この黄色の数の子が生まれた背景にも、井原水産の挑戦がある。

 

冷凍技術の確立されていない昭和30年代、ロシアなどから数の子を運んでくる際に塩で固めていたため、酸化した数の子は真っ黒であった。このとき、「どうしたら黒い数の子を黄金色にできるか」という課題に井原水産は社員全員で取り組んだという。


留萌のちくわ加工業者がすり身を白くするのに過酸化水素を使って酸化還元していると聞いて、リスクを取りながら試行錯誤した結果、黄金のダイヤと言われる数の子にたどり着いたそうである。初めて見た人からは、沢庵の黄色い着色剤に漬け込んだのではないかと思われることもあった。

 

 

ちなみに、過酸化水素は食品添加物に指定されているが、カタラーゼという酵素を使えばすべてなくなるということが数の子については確認されており、厚生労働省からも使用を認められているため、ご安心いただきたい。

 

安心・安全・プチプチ食感

逆境や数多くの課題も乗り越えてきた井原水産の歴史。水産業者としてはパソコンの導入も早く、1984年には多くの社員が使っていたという。

 

また、世界の主要医学系雑誌等に掲載された文献を検索することができるPubMed(米国国立医学図書館の国立生物科学情報センターが作成するデータベース)にも掲載される論文を、北海道情報大学と連携して作成。

 

数の子の研究や、プチプチ食感を保ち家庭へ届ける技術の追求に余念がない。

 

最近では「健康数の子」や「カズチー」といった人気商品を生み出した井原水産。この前も冷凍技術に秀でた会社が見つかったと目を輝かせる慶児さんは話す

 

「伝統製法に固執することなく、時代の最先端技術を取り込んで、食を通じてお客様の健康に寄与したい」。

 

数の子は昔から食べられてきたが、その進化する味に期待が高まる。

 

商品

DHA・EPA豊富でプリン体僅か。正月だけでは勿体ない健康食

¥10,800(300グラム)

Read story