(By Emotion限定)赤網金襴手更紗小紋 宝珠

下絵なし。すべて手描き
吉祥模様の九谷焼赤絵細描

九谷焼「赤絵」

高さ、直径ともに7cmほどの器には細かい模様が隙間なく描かれています。この小物入れはBy Emotionの特別モデル。「九谷焼」は知っていても手に取ることがなかった方に触れてもらいたく、制作に入り30年の作家、米久 和彦さんに制作を依頼しました。

 

朝、紅殻(べんがら)を擦って調合した赤い絵具をのせた絵筆が、最小限の下絵が描かれた白い陶器の上を一心不乱にひた走る。筆の毛を削いだ極細絵筆は絵具にひと浸けするだけで驚くほど多くの模様を描き出します。

 

赤色による細密模様を特長とする九谷焼「赤絵」を、はじめて耳にする人も多いのではないでしょうか。流れるような絵付けを間近で見たことが、米久窯、米久和彦さんとの出会いでした。

 

九谷焼の歴史は、江戸時代初期まで遡ることができます。加賀藩の支藩であった大聖寺藩内の金山で陶石が発掘され、その頃既に陶器の一大産地であった有田で修得された製陶の技術が活かされて生まれたといわれています。

 

九谷焼の伝統的な作風の中でも赤や金などを用いた細描を作風とする赤絵の歴史は比較的新しく、江戸末期に興りました。明治にかけての最盛期には200〜300人の職人が従事したものの、現在では20人弱まで減っているといわれます。

 

赤絵との出会い

幼い頃より絵を描くことを好んだ米久さんは、高校時代の教師の勧めもあって金沢美術工芸大学美術科にて油絵を学びました。卒業時は折しもバブル経済の崩壊と相まり、純粋芸術を専攻する学生の就職率が伸び悩む中で、知人の紹介により知ることとなった石川県立九谷焼技術研修所に入所を決断。

 

入所後最初の授業が赤絵でした。15センチの皿を自分で作り、彩色。ねじり小紋を模写しました。

 

「これだ」

 

米久さんはその出会いを「そこから動けなかった」と表現します。授業の課題は通常3週間かけて行うところを、1週間で完成させました。元来単色描画(油絵もデッサンを好む)や細かい制作が好きだったことも赤絵向きだった、と述懐します。

 

限定販売品「赤網金襴手更紗小紋 宝珠」

今回の作品はBy Emotionのために創作。2020年が制作30周年ということで、初心に還って赤絵の基礎である網の目を内側に配し、外側にはオリジナルの更紗小紋を描きました。

 

米久さんは作品を生み出す要素を「メンタル」と「座り続ける体力」と表現します。寒さもひとしおの冬の石川・能美で創作活動は通常、朝6時から夜半に至ります。

 

制作中はあえて集中せずに、心の赴くままに筆を動かす。筆運びには精神状態が顕れ、また絵具も昨日と同じ色は二度と出ないことから、自ずと作品は二つとしてないものとなります。


 

絵具はオリジナル。紅殻に鉄錆と光沢を出すためにガラスの成分を入れています。

 

 

絵筆は毛が新しいと模様が描けません。下絵で3年使い、油が抜けたところでハサミを入れて芯だけ残しており、手入れを行うことで1015年は使えると言います。

 

 

赤はおめでたいシーンで用いられる色、また赤絵作品のモチーフには吉祥を表すものが多くあります。大切なものの入れものとして、暮らしの中で折に触れて楽しんでもらいたいと話す米久さんは、「初めて目にするものにしかニーズはないでしょう」と話してくれました。

 

 

陶器にプリントを施した「九谷焼」もあり、近い将来ロボットが細描を可能にするかもしれない。たとえそうなっても、時間をかけて手描きされた一品には手に入れる価値があります。

 

<米久 和彦さんからのメッセージ>

「今この瞬間に出来る最高のものをつくっていきたい、つくり続けなければ、という思いで形を、描く線の一本いっぽんを、点の一粒ひとつぶを吟味して描き、この作品をつくりました」

 

【プロフィール】米久 和彦(こめきゅう かずひこ)

1968年、石川県能美市(旧根上町)生まれ。金沢美術工芸大学 美術学科(油絵)を卒業後、石川県立九谷焼技術研修所 専門コースを終了。1996年に「米久窯」を立ち上げて自営の道に入る。

 

2001年より、全国各地の百貨店やギャラリーで個展を開催。2010、11年にはウェスティンホテル東京「舞」で開催された「四季の彩り・花と器の宴」のテーブルコーディネートに参加。2013年には元首相森喜朗氏がロシア訪問の際、プーチン大統領に作品を寄贈。また東京上野 旧岩崎邸園庭オータムイベント「彩の秋」にて展示など幅広く活動。

(By Emotion限定)赤網金襴手更紗小紋 宝珠
(By Emotion限定)赤網金襴手更紗小紋 宝珠
通常販売価格
Voice Message from 米久窯
¥385,000 (税込・配送料別)

商品詳細

製造者米久窯
商品名赤網金襴手更紗小紋 宝珠
サイズ径71mm×高さ72mm 
納期6ヶ月後 
お渡し方法完成後、By Emotionから桐箱に入れ配送いたします。 ※配送料:全国一律1,100円(税込)をいただきます。
その他当作品が納品後に割れるなど破損した際、状態により金継ぎによる修理を有料(別途お見積もりさせていただきます)で承ることが可能です。 (株)SoGooまでご連絡くださいませ。

ご購入の際の注意点

  • この商品は株式会社SoGooが販売、発送します。
  • この商品は当サイトよりご注文いただいたのち制作し、完成後、弊社よりお客さまに発送いたします。
  • ご注文のキャンセル、内容変更(追加/変更)は一切お受け致しかねます。ご注文完了前にご注文内容を必ずご確認ください。
  • 商品の品質については万全を期しておりますが、万一、配送中の事故等で商品に損傷があった場合や、お申込みの商品と異なっていた場合は、お手数ですが、商品到着後5日以内に弊社にご連絡ください。この場合の返送料は、弊社が負担致します。
  • 当商品は受注生産となるため、お渡しするものと当サイトに掲載した画像で色や模様が若干異なる可能性がございます。色、質感などがイメージとは違うといった理由による返品、交換、変更など、ご注文後のキャンセルは一切お受け致しかねますので、あらかじめご了承くださいますようお願い致します。

商品に関するお問い合わせはこちら

「もう少し詳しく知りたい」「実物を見るためにはどうすればよいか」等については、商品担当者が対応させていただきます。お気軽にLINEもしくは以下の問い合わせフォームからご連絡ください。
友だち追加