会長の丹下憲孝さんと東京都庁舎©KIKUTAKE TADASHI
東京都庁舎©Osamu Murai
モード学園コクーンタワー©Koji Horiuchi
モード学園コクーンタワー エントランス©Koji Horiuchi
別荘建築例
別荘建築例
別荘建築例
フジテレビ本社ビル©Osamu Murai
フジテレビ本社ビル 内観©Osamu Murai
日光東照宮 客殿・新社務所©Osamu Murai
日光東照宮 客殿・新社務所©Osamu Murai
会長の丹下憲孝さんと東京都庁舎©KIKUTAKE TADASHI
東京都庁舎©Osamu Murai
モード学園コクーンタワー©Koji Horiuchi
モード学園コクーンタワー エントランス©Koji Horiuchi
別荘建築例
別荘建築例
別荘建築例
フジテレビ本社ビル©Osamu Murai
フジテレビ本社ビル 内観©Osamu Murai
日光東照宮 客殿・新社務所©Osamu Murai
日光東照宮 客殿・新社務所©Osamu Murai

丹下都市建築設計による別荘建築


通常販売価格

お問い合わせ

住宅等建物の設計監理料:¥50,000,000(税込)~

本商品は、まずはご要望をお伺いし、お見積もりさせていただきます。ご興味がございましたら、LINEもしくは以下のお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

 

ベストは常にネクスト・ワン
住む人の心地を全力でデザイン

おすすめポイント

  • 国内外で著名な建築物を手掛けてきた丹下都市建築設計
  • 別荘など住居の建築設計やインテリアデザインをBy Emotion Exclusive会員様限定で依頼可能
  • 住む人の心地や街の雰囲気をふまえて、伝統を大切にしながらモダンな居住空間を創造

 

 

東京都庁、フジテレビ本社ビル、重要文化財となった国立代々木競技場等、2021年の東京オリンピックで競泳の会場となった東京アクアティクスセンターなど、著名な建築物を国内外で手掛けてきた丹下都市建築設計

 

 

あまり表に出ることはありませんが、実は友人など限定した方への別荘建築やインテリアデザインをこれまで行ってきました。そんな丹下都市建築設計へBy Emotion Exclusiveの会員様限定で建築設計やインテリアデザインを依頼できます。(年間の依頼可能件数はごく僅かです。)

 

  

東京都庁舎©Osamu Murai

 

 フジテレビ本社ビル©Osamu Murai

 

 

東京アクアティクスセンター

 

デザインするのは住む人の心地

丹下都市建築設計では、「建築はサービス業」であるという考え方を大切にしてきました。

 

デザインはお客様の頭の中にありますので、私たちは白紙で臨みます。そして、その人らしさとか、個性を取り入れることはできないかと考えて、お客様との対話を大切にします。

説得するのではなく、納得できるまで対話を繰り返します

 

住む人の想いを引き出すことに全力をそそぐことで、居住空間に限らず、住み心地を最優先としたデザインを作り上げるといいます。

 

 

街との関係性にも踏み込む

もう一つ大切なのが、建物だけを見つめた設計ではなく、「その街との関係性までも踏み込んだ設計」です。

 

 

例えば、軽井沢、ニセコ、茅ケ崎、風景はそれぞれ異なります。

 

その街にあるべき建物とは?
ユニークながら周辺との調和がとれた建物とは?
と建築と街とを同時に考えて、建物自体や街といった目に見えるハード面と街の雰囲気や人の動き、土地の歴史といった目に見えないソフト面の両方を踏まえてデザインします。

 

建物や街で活動する人の事を考えて設計することで、建物や街に良い影響を与え、より良くなる一助となるよう心掛けています。

 

といいます。 

 

 会長の丹下憲孝さん©KIKUTAKE TADASHI

 

 

伝統、古典を理解した上でモダンに

丹下都市建築設計の歴史は、伝統的なものを大切にしながら、どうやって新しい社会、新しい生活空間のなかで融合させていくか、その挑戦の歴史です。

 

というように、香川県庁舎ではコンクリートで軒や柱梁の伝統的な日本建築を表現して繊細さを出すなど、根底や根幹を熟知した上で、時代に応じたアウトプットを出すように心がけています。

 

 

「ベストは常にネクスト・ワン」という言葉を体現するように、常に最高傑作を作り上げることを目指して、人と話し、街を見つめ、伝統をモダンに昇華させたデザインを追求しています。

 

 

日光東照宮 客殿・新社務所©Osamu Murai

 

 

ご案内のプロセス

  1. By Emotionから丹下都市建築設計との打ち合わせ日程を調整させていただきます。
  2. 丹下都市建築設計との打ち合わせ(遠隔地などご希望によってオンラインでの実施も可能です。)
  3. 敷地調査(必要であれば、役所など関連行政への訪問)
  4. お見積り
  5. 本契約へ