CREEZAN

「汚れる」常識を覆す、旅行や
ビジネスで持ちたい純白鞄

「白いバッグは好き」という人は多そうですが、実際にもっている人は少ない気がします。特にビジネスやトラベル用途のバッグではなおさら。なぜでしょうか?

 

 

それは、「仕事用の鞄は黒か茶色」、「白いバッグは汚れる」というのが「常識」だからではないでしょうか。

 

 

兵庫県・豊岡にある「CREEZAN(クリーザン)」フラッグシップストアの店長、井口 満子さんはこう言います。

 

2015年にデビューした「CREEZAN」は、1975年の創業以来一貫して鞄づくりを手がけ、大手企業や有名ブランドのOEM製造を行うコニー株式会社のオリジナルブランドです。「持つ人の個性を引き立たせる上質で洗練された大人の鞄を届けたい」という思いで立ち上げました。

 

豊岡は日本の鞄生産の中心地として千年の歴史をもち、現在でも高品質な鞄がつくられる一大産地。当地にあるCREEZANの白を基調としたアトリエでは職人も白衣を着て縫製にあたります。真っ白な鞄のコレクションは、細心の注意が払われたこの環境から生まれます。

 

 

白いラボで白衣を着たスタッフによりCREEZANはつくられる

 

 

白にこだわるのは、どこにもない鞄をつくるため。

汚れを防ぐため、油が飛ばないようにミシンにカバーをする。手袋をはめて縫製する。検品を兼ねて縫製前にバッグの金具を拭く。ひとつの製品にかける時間が長くなるため、大量生産もできない。にもかかわらず白にこだわるのは、ひとえにどこにもない鞄をつくるため。

 

 

2020年には、それまで採用していた国産の革からイタリア産のシュリンクレザーへ切り替えました。これも国内のタンナー(革をなめす製革業者)では出せない理想の白、「DEEP WHITE」を求めてとのこと。

 

 

左が以前、右が現在のレザー。白が際立つ

 

 

どうしても取扱いが難しいイメージのある白い革。CREEZANは素材にも徹底的にこだわっています。美しいシボ感のシュリンクレザーは厚めにもかかわらず柔らかく、強撥水加工が施されており雨だけでなく汚れにも強い。

 

 

レザーは強撥水加工で水を弾く

 

 

レザー以外も凝っています。小さな金具もオリジナルで、ひとつひとつにブランド名「CREEZAN」が刻まれています。また意外に目立つファスナーは、YKK社製の「EXCELLA」を使用。磨きをかけられた滑らかさは、「ファスナーの貴婦人」と称されるほど。

 

 

ブランド名が刻まれた、オリジナルの金具

 

 

革だけではなく、金具ひとつまでデザインされている

 

 

実際に購入した方からは「他にはない色で気に入った」、「色合い的に夏にぴったりだし、暗い色の服が多くなる冬にも合う」という声が寄せられているほか、夫婦ペアで買ったり、兼用したりするケースもあるとのこと。

 

 

意外にラクなお手入れ

日常のお手入れとして

 

・直射日光を避け、風通しの良い場所で保管する

・濡れた場合は乾いたタオルで拭き、革用の撥水加工のスプレーをかける

 

を続ければ、キレイなまま長くお使いいただけます。

 

 

使用して3年経過したバッグ(私物)

 

 

それでも経年でついてしまう汚れに関してはホワイトニングサービスや、汚れやすいハンドル部分はパーツ交換も承っています。

 

 

ひとたび手に入れて使うと、同じ白で他の鞄や革小物も揃えたくなる魅力のあるCREEZANのコレクション。カジュアルにもビジネスにも対応できる品揃えに加え、ギフトにも最適な、小さめのアイテムもご紹介しています。