透ける光のゆらぎを楽しむ
あえて磁胎を削り生みだす器

①8.3 × 高さ7cm
①8.3 × 高さ7cm
①8.3 × 高さ7cm
①8.3 × 高さ7cm
②8.3 × 高さ7cm
②8.3 × 高さ7cm
②8.3 × 高さ7cm
②8.3 × 高さ7cm
③8.3 × 高さ7cm
③8.3 × 高さ7cm
③8.3 × 高さ7cm
③8.3 × 高さ7cm
④8.3 × 高さ7cm
④8.3 × 高さ7cm
④8.3 × 高さ7cm
④8.3 × 高さ7cm
樽田 裕史さん
アトリエでの制作風景
①8.3 × 高さ7cm
樽田 裕史 「光纏ウ」湯のみ
①8.3 × 高さ7cm
①8.3 × 高さ7cm
①8.3 × 高さ7cm
②8.3 × 高さ7cm
②8.3 × 高さ7cm
②8.3 × 高さ7cm
②8.3 × 高さ7cm
③8.3 × 高さ7cm
③8.3 × 高さ7cm
③8.3 × 高さ7cm
③8.3 × 高さ7cm
④8.3 × 高さ7cm
④8.3 × 高さ7cm
④8.3 × 高さ7cm
④8.3 × 高さ7cm
樽田 裕史さん
アトリエでの制作風景

樽田 裕史 「光纏ウ」湯のみ

¥11,000 (税込・配送料別) ※Can ship abroad.
※発送日・送料についてはページ下部の商品詳細内に記載

通常販売価格

 

白磁に彫られた切れ込みから、
青くぼんやりとした光が見えます。
これは「蛍手」という、ろくろを回して
一度かたちにしたものを削り、
透明な釉薬を充填させて焼く技法によるもの。
 

(瀬戸焼の作家、樽田 裕史さんが「線の蛍手」に
取り組んだきっかけはこちらから。)

 


Behind the Scenes <樽田 裕史さん>

まだ誰も踏み入れていない道を探し、
突き詰める蛍手の技術

 

蛍手の難しいところは「まあ、いいか」が許されないこと、と樽田 裕史さんは言います。ろくろを回して成形した磁胎を削り、穴を開ける蛍手は、あえて焼きものの強度を下げることでもあります...

Read story 

  


先日、「蛍手の湯のみができました」
と樽田さんより連絡をもらいました。


取り掛かっていることは昨年から聞いていたものの、
サイズ感が難しかったり、
磁器土に黒い点がついてしまったりと
なかなか納得ゆくものができなかったとのことですが、
ついにBy Emotionでご紹介できることになりました。


ゆっくりひと息つくときにお使いいただければ幸いです。

 

 

商品詳細・配送・お問い合わせ

作家名樽田 裕史
商品名湯のみ 「光纏ウ」
サイズ直径8.3×高さ7cm
素材磁器土
技法ろくろ、線による蛍手、彫り
発送スケジュールご注文後、土日祝除く3営業日内に発送いたします。
配送料金(税込)全国一律 770円

ご購入の際の注意点

  • この商品は株式会社SoGooが販売・発送します。
  • ご注文のキャンセル、内容変更(追加/変更)は一切お受け致しかねます。ご注文完了前にご注文内容を必ずご確認ください。
  • 商品の品質については万全を期しておりますが、万一、配送中の事故等で商品に損傷があった場合や、お申込みの商品と異なっていた場合は、お手数ですが、商品到着後5日以内に弊社にご連絡ください。この場合の返送料は、弊社が負担致します。

お問い合わせ

チャットボット・LINE・フォームよりお気軽にお問い合わせください。